食事の内容を見直しましょう。

生活の基本である食事ですが、忙しい時期はついつい手抜きしてしまいがちですよね。

外食が多くなったり、コンビニやファストフードを食べたりして自炊する回数が減ってしまうことも良くあります。

外食食生活は栄養に偏りが出ますし、カロリーも多くなりがちで健康面で心配が出てきます。

とは言え、疲れて帰ってから自炊するのはちょっと無理、という人も多いのではないでしょうか。

そんな時には、外食の内容を工夫しましょう。

まずは、外食で多くなりがちなカロリーと油脂分を気にしてみましょう。

できるだけ、ラーメンや丼物などを避け定食を選びましょう。

メインも揚げ物などのハイカロリーな食品を避け、刺身や焼き魚など油脂分の低い食品を選びます。

次に、外食で陥りがちな野菜不足やカルシウム不足を補います。

定食などにサラダやお浸しなどを一品プラスして野菜を増やしたり、デザートやおやつにチーズやヨーグルトなどの乳製品を摂るように心がけましょう。

どうしても忙しいときには野菜ジュースやヨーグルトドリンクがおススメです。

食事を少し気をつけるだけで、肌やお腹の調子を簡単に整えることができますよ。

食事から健康な体作りをしましょう。